スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

20141213

PARCOの壁に絵を描いてた時に高い脚立に登って絵を描いてたら集まってきた人(ファンかどうかは不明)がローアングルで写メを撮ってくるので

「すみません私は絵を描いてるだけだし人間なのでやめてください」

って言ったけどあんまり言葉が通じなくてずっと周りをうろうろしてて怖かった 腰のあたりに星のプリントがあるTシャツを着てたら酔っ払ってウイスキー飲みながら見てたオタクに星にぶっこみてぇ~~(エロい意味で)とか言われたので、もう私に関わらないでください、と言った。なんでこっちが「ください」って頼まなきゃいけないんだろう 職場でこんなこと言ったらセクハラというか犯罪で訴えられると思う。その時のTシャツはもう着れなくなった。私は人当たりがいいのでつい気が大きくなって犯罪のようなことに走ってしまったのではないか 犯罪を避けるためには他人を威嚇して生きなきゃいけないのかと思うと本当に嫌気がさす。20歳くらいの時に「人間は自分が攻撃されないと感じた相手に対しては概ね想像力をなくしてしまう」っていうことに気がついたけど、私は人を威嚇したり攻撃したり見下したりするのが嫌で嫌で、嫌で嫌で、嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で仕方なくて人を傷つけるくらいだったら自分が傷ついたほうがよっぽどましで
だってひとを傷つけたらその痛みがどれくらいかわからないから痛みっていうもの自体に対して鈍感でアバウトな感覚を抱いたままで生きていかないといけなくてそんなに麻痺した状態で自分がどれくらい生きていられるのか全く自信がなくて私は
どこにいても赤い色がまっさきに目について、痛みが一番先にあってよろこびとかかなしみとかいかりとか全部その後で痛みの後で五感を揺さぶるものは全て鮮やかすぎるからただ生きてる
2014-12-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

shizu

Author:shizu
水野静(みずの しず)
twitter:320_42

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。