スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

昔書いた文章シリーズ1「へんな工場」

私は赤いぬるぬるしたあふれそうな宙に浮く液体の塊から、いくつも精密な長い針のようなものをとりだして頭に刺した。後頭部のほとんど首に近い部分に、左右一本ずつ。またこめかみより指一本起きに三本ずつ。頭頂、また眉間。何でこんなことをしているのかよく分からないけど私は天才なのかもしれない。研究室は青白い光りに満ちていた。部屋を調する壁や機械やらは未知の堅いシルクのようなテクスチャーに覆われている。体が習慣的に卓上の鉄製トースターに引き出しの中の脂肪をつめる。なぜ私は引き出しの中に白くてやわらかい塊をつめているのか。トースターが時報がわりに線香花火を打ち上げる。すると部屋の端に張り巡らされたベルトコンベアーが動き出し、横たわった人がはこばれてくる。私は手馴れた手つきですばやく針をいくつも刺していく。運ばれてくるものは目を充血させてせわしなく動かしながら、痙攣するからだのリズムを楽しんでいる。彼らは若い男であったり年老いた女であったりするが、一様に落ち窪んだ表情をして頭髪はなく頭にいくつも赤いマーカーで印がつけられているのでほとんど区別はつかない。中には肌が黒いものや白いものもいる。針を刺していても痛みはないようでほとんど表情を変えないが、たまに大きく痙攣をする。すでに意識のレベルでは外界に反応を示さないが、肉体や臓器は生きているので貴重だ。背後で監視カメラが舌なめずりをする音が聞こえる。ピアノを演奏するような滑らかな手つきで針を刺す。何か生み出しているような快感がある。ベルトコンベアーは20秒ごとにスピードを上げていく。トースターからまた半液状化した脂肪があふれ出す。私は頭が痛い。身動きがほとんど取れない。苦しみを紛らわせるように針を刺すけどそれもほとんど無駄だ。ベルトコンベアーの上で光る大きなモニターに私の記憶が反射してみたくないものがいくつも映し出される。汚い部屋だ。私の白衣は有機的な液体で緑に汚れている。息が苦しい。窓はパイプの塊で閉鎖されていてその周りを色のないサボテンがいくつも覆っている。次の工程で彼らは工業ロボットにかけられて頭部を丸く切り落とされ、その内部が露出する。私の頭はすでに露出している、と、いうことは、私はもう機械になってしまった、機械に取り付いた幽霊が激しく振動して結果生み出される大量のノイズをテープレコーダのしわが記録する。自ら動くことをやめてしまうと、いっそう機械になってしまうのでむしろ私は針を刺すことをやめない。やがて腐ったつめの先から滴る血液が固まってかびているのが分かった。私は鈍くなっている。目の前のモニターが洗脳する。だけど脳が洗われていくのはこんなに気持ちがよかった。だから自分に針を刺したのかもしれない。やみつきになってしまって、やめれはしない。すでに生活になってしまったことは後悔することさえできない。生活に生活は否定できない。いつのまにかトースターからあふれだした脂肪が足首まで覆っている。部屋中にコンデンスミルクのような甘い死臭がたちこめている。針を動かす手がとまらない。口の端から吐しゃ物が糸を引いて流れ出している。モニターに映る私の脳みそは弾力があってみごとに鮮やかなピンク色だ。うらやましそうにしている脂肪の河。物質の感情は一度アウターマシンを通して電極から直接的に電気信号で私の脳みそに伝えられる。反応するのは体だ。私は脳みそを失ってしまってもかまわない。足の皮膚がすっぱい汁を分泌しながら徐々に溶け出しているのが分かる。私の体は脳から指の先までいっそう鮮やかな肉色になってお互いに欲しがっている。せめて目を閉じる瞬間が欲しかった。まぶたは貼り付けられたように動かない。鮮明に、貪るように五感が知覚している。この頭に刺した針を抜いてしまったらおそらく絶望的な光景が見えてしまうのだろう。私はなにかを思い出してしまう。脳みその中で針先がしびれているのが分かった。私は貪欲につながりすぎていて危険だ。もう一度ベルトコンベアーに乗って、今度は体が崩れてしまうほど知覚を殺す。だが殺せば殺すほど一方では敏感になっていく。私の体はメルト5の段階にまで破壊と再構築で化物になっている。体中から甘い培養液の味がする。体中の口がそれを啜っている。建物全体が大きくカウントダウンする音が聞こえてくる。それは確実に数を減らしているが、いまはまだゼロの段階にはいない。だが確実に数を減らしている。あらゆるものとリンクしてしまう瞬間に向かい続けているのだろう。
2013-02-18 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-12-22 18:16 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

shizu

Author:shizu
水野静(みずの しず)
twitter:320_42

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。