スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

いびつな人ら

私は高校の同級生の顔をほとんど覚えていない。

もともとはまじめ人間で記憶力もわりと良かった。

ところが高校生くらいになって自意識が発達しはじめると自分の痛々しさに耐えられなくなり、
過ぎ去ったことがあまりに鮮明に脳裏に焼き付いていると苦しみが強いので
無意識のうちに、意図的に記憶をあやふやにして精神を防御するくせを身に付けていた。
そのせいで印象的だった感じのできごともあまり記憶がない。


高校の友達に話を聞いていくつかエピソードを思い出した。


エピソード①「前世」

体育の時間にやることがなくてたいそう座りをしてぼーっとしているときに
その辺に落ちていた木の棒で熱心に地面に落書きをしていた。
隣に座っていた友人はかなり心の優しい人だったので、

「しずちゃん、なに描いてるの?」

と、話しかけてくれた。
私は質問を無視して、

「この木の棒ももちゃんの前世、この木の棒ももちゃんの前世」

と言った。(全く記憶にない)

ももちゃんには他にも
シャッター閉め子とかサイコロとかいろんなあだなつけてごめんなさい。
すいませんでした。
当時一緒に楽しい時間を過ごしてくれてありがとうございました。
あとファイナルファンタジー7の映画を見る為に貸してくれたPSPの充電を切らしたのもすいませんでした。


エピソード②「シャボン玉」

高2のときの国語教師はかなり心が優しく、教師経験が浅いおっとりした雰囲気の女性で
見た目もかわいい感じだったのでわりと生徒に好かれていた。
(名前は思い出せない)

私は授業中なぜかシャボン玉で遊んでいた。
最初は先生もスルーしてくれていたが、
そのうち教室中がシャボン玉だらけになり、流石に無視し続けることができなくなったので

「水野さん…これはどういうことでしょうか?」

と聞かれた。

窓際の席だったので、

「なんかよくわかならいけど窓から入ってきました」

と答えたら先生は

「そうですか…」

と返してそのまま授業を続けた。



③「腹の立つ坂田」

②ででてきた国語の先生は優しくてよかったけど、嫌な人間もいた。

高2〜3のとき担当だった英語教師である。
彼はアホの坂田から愛嬌や可愛らしさを取り除いて
野田総理の腹立つ感じをトッピングしたような風体だった。

今思うと性格はそんなにものすごく最悪という程でもなかったと思うのだけど、
あまりに外見の感じとしゃべり方の印象が劣悪すぎる、英語の発音がど下手、
調子に乗りやすい、人をバカにするのが好きな性格、等のせいで生徒にゴキブリ並の嫌われ方をしていた。

私と友達のももちゃんも、坂田のことが大嫌いだった。

ある日ももちゃんに

「坂田むかつきすぎてまともに話聞けないけどかと言って英語の成績が下がるのはいやだしどうしよう」

と相談された。根はまじめだった。


私はしばらく考えた。



数日後、



「ももちゃん、いい方法思いついた。坂田の話を聞いているときに坂田のおでこにフォークが刺さっているのをイメージしてじっと見ていると、むかつきがかわいそうさとブレンドされて和らぎ、さらにビジュアル的なあほらしさも相まって話を聞くのに耐えうるくらいにはなる。」

実際ももちゃんは英語の時間に空想フォーク刺さりを実践して、

「すごいいい方法だね」

と言った。



ただ空想フォーク刺さりには一つ難点があり、
それは人間が、他人の痛みには鈍感で、いずれ慣れてしまうとい性質を持っている為に、
フォークが刺さっているのを長時間見ていると、
だんだん「それがどうした」という気分になってくるという点である。



せっかくいらつきが治まりムヒを塗ったような気分になっていたのに
むかつきがしつこいかゆみのようにぶりかえしてくる。

私は空想上で坂田のおでこにもう一本フォークを刺した。


その時ももちゃんは、

”坂田が巨大ミキサーに閉じ込められていて自分がそのスイッチをいつでも押せるように握っている”

という空想でなんとか話を聞いていたらしい。



まじめな人は怖いな、と思った。



2012-12-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

shizu

Author:shizu
水野静(みずの しず)
twitter:320_42

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。